飛行機遠征好きなマリノスケラーとマイルの話

よく、サポーターの方がマイルを貯めるならハピタス!ということで、ツイートやブログで紹介しています。
ハピタスをはじめとするポイントサイトは、サイト内の広告バナーをクリックしてから各種サービスや通販サイトを利用すると、購入代金の1%、クレジットカード入会で3000pt、証券口座開設で1000ptというようにポイントが貯まるサービスです。

では、数あるポイントサイトの中で、なぜハピタスを紹介するのでしょう?

(私が結論付けた)主な答えは3つ。

1:還元率が高水準
還元率が高い!と言ってしまうと、〇〇の還元率は別のポイントサイトの方が高いということもあるので高水準としておきます。
例えば、楽天市場では購入金額の1%分のポイントが貯まります。(大まかにいうと10,000円の商品を買えば100pt)
ハピタス内の楽天市場の広告バナーをクリックして商品を購入して、クレジットカードで支払うと楽天スーパーポイント、クレジットカードのポイント、ハピタスのポイントとポイントが3重でもらえます。
もちろん、広告バナーをクリックしたから、支払い方法がクレジットカードだからといって商品代金は変わらないので、広告バナーをクリックするというひと手間で1%お得に買い物できてしまいます。

2:ANAマイルにお得に交換できる
説明が長くなってしまうのですが、ここが重要です!

ハピタスを筆頭に、いくつかのポイントサイトでは貯まったポイントを他社のポイントに移行する(まとめる)という、いくつかの手順を踏み、最終的に東京メトロのメトロポイントからANAマイルにいこう交換することで、ハピタスポイント1ptが0.9マイルになります。

この0.9マイルというのがかなりの還元率なのです。
多くのポイントサイトが、ポイントをマイルに交換しようとすると2pt→1マイルというレートなので、1ptが0.5マイルということになります。

しかし、これには条件があり、ANA To Me CARD PASMO JCB (通称ソラチカカード)会員であるという前提条件があります。簡単に言うと、メトロポイントからANAマイルの交換にソラチカカード会員専用の優遇レートが適用されるからです。
ソラチカカードは、初年度は年会費無料、2年目以降は2,000円+税がかかりますが、2年目以降は継続マイルとして毎年1000マイルもらえるので、年会費は気にならないレベルです。(説明するとさらに長くなってしまうので割愛しますが、クレジットカードとして利用しなくても大丈夫です。)

3:会員を紹介すると紹介者にもポイントが貯まる

格好つけて3つも理由を挙げてきましたが、本命はこれです!!

ホームページやブログ、ツイートなどでサービスを紹介して、それを見た方がリンクをクリックしてアクセスし、会員登録すると紹介者と入会者の双方に入会特典という形で多少ポイントがもらえるということはよくあります。ハピタスも紹介されて入会すると30ptもらえます。

ただ、ハピタスはその後がひと味もふた味も違うのです!

それは、紹介されて入会した入会者(ハピ友)がサービスを利用してポイントを貯めると、貯まったポイントの何%かが紹介者にも貯まるのです。紹介者のポイント率は紹介して入会したハピ友の累計人数や、紹介者本人のサービス利用状況にも左右されますが、最低でも10%が紹介者にも貯まります。もちろん、ハピ友の方のポイント獲得率が下がったり、目減りしたりすることはないので、ハピ友の方にデメリットは一切ありません。

例えば、紹介者Zさんのブログを見て、ブログに書かれていたリンクやバナーをクリックしてアクセスして入会したハピ友Aさんが、ある月にハピタスを経由して楽天市場で50,000円のカメラを購入したとします。
その場合、ハピ友Aさんにはハピタスポイント500ptが貯まりますが、Zさんにも10%の50ptが貯まります。そして、紹介者Zさんの紹介で入会したハピ友Bさん、Cさん・・・というように入会者の方が増えれば増えるほど、入会者の方がサービスを利用する機会が増え、ポイント獲得率も人数に応じて10%が15%、25%と上昇していくので、多くの方が数あるポイントサイトの中からハピタスを紹介しているのです。

ということで、来季は長崎がJ1昇格、鳥栖、広島、札幌と遠方のクラブがJ1残留ということでアウェイ遠征は飛行機で!という機会が増えそうです。

え?何が言いたいのかって?

正直言います!

飛行機遠征好きなマリノスケラーとしては、来季は飛行機遠征がリーグ戦だけで最大7試合(札幌、大阪2、神戸、広島、鳥栖、長崎)で出費を抑えたい!

マイルをたくさん貯めたい!

私もハピ友が欲しい!!

ということで、ハピタスに会員登録してみたいという方はぜひ↓のバナーからお願いします。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスに会員登録はしてみたいけど、あんたなんかとはハピ友にはなりたくない!という方はYahoo!やGoogleで「ハピタス」と検索し、直接ハピタスにアクセスして会員登録する手もあります…(笑)