2021.6.23 「運命の分かれ道」

昨年7月12日のFC東京戦以来、幸いすべてのホームゲームに足を運ぶことができ、前回も書いた通りうれしいことよりも悔しいこと、辛いこと、悲しいことの方が多いにも関わらず、なぜスタジアムに行くのかといえば、特に昨年の中断明け以降はこの日記的にはマリノス君、マリノスケの変わらない元気な姿を見たり、マリノスケラー仲間(もちろんそれ以外の方々も)と顔を合わせることできたり、前回は掻い摘んで表現しましたが試合に勝つ=選手、スタッフ、マリノス君、マリノスケのうれしそうな表情を見るとこちらまでうれしくなるという意味で勝利は格別です。

何が言いたいかと言えば、色々騒がしいですがサッカーだけでなく、そういったことが様々な種目で繰り広げられる東京五輪が楽しみ!ということです。

さて、前回同様に心配された雨もどうにか回避でき、開場と同時にお出迎え!

マリノスケ「こんにちは!」
マリノスケ「あ!ここは素通り!」
マリノスケ「やぁ!冗談だよ!」
マリノスケ「オッケー?」
マリノスケ「またねー!」

ここで、普段の日産スタジアムでは設置されているLED広告看板がバックスタンド側にビシッと並べられているため、看板よりピッチ側を進むか、看板とスタンドの隙間を進んでいくか、分かれ道の選択を迷うマリノスケ(笑)

マリノスケ「行ってみようかな~」

数歩進んだところでマリノスケが戻ってきました。

マリノスケ「やぁ!」
マリノスケ「またねー!」
マリノスケ「でもなー」
マリノスケ「せまいとこ行きたいなー!」

再び数歩進んだところで止まり、近くのサポーターに対戦カードのかかれたボードをアピールして戻ってきました。

マリノスケ「応援よろしくお願いします!」
マリノスケ「やっぱりぼくはこっちに行くね!」
マリノスケ「じゃーねー!!」

その後、バックスタンド中央付近で見慣れたマリノス君J1通算メーターが(笑)
こう見ると、LED看板とバックスタンドの隙間はカモメ1羽が通るには十分かもしれませんが、反対側からマリノスケも隙間に突入していたらすれ違うことができていなかったかもしれません。タイトル「運命の分かれ道」と誇張しましたが、ここはマリノスケのナイス判断!(笑)

マリノス君「ヒヒヒ!」
マリノス君「次で480だな!!」
マリノス君「よっ!」

いつものようにサポーターへの神対応だけでなく、途中でカメラマンに呼び止められてシャッターチャンス!

さらに、メインスタンドのサポーターに応えていたら、偶然目の前にいた哲也もビックリ!?(笑)

最後はベンチで談笑していたコーチングスタッフのオジさんオージーさんたちにも大サービス!

続いて、この日はドイツのウニオン・ベルリンに期限付き移籍していた遠藤渓太がサポーターに完全移籍のご挨拶ということで17:58の予定時刻を前にピッチに登場したマリノス君、マリノスケ。このまま渓太の登場を待ってピッチ中央にエスコートかと思ったら、バックスタンドビジター寄りの搬入ゲートで待機(笑)

そして渓太登場。この日記自体が選手の肖像権などで限りなく黒なので何を今更!状態ですが、大先輩2人がLINE LIVEでも配信していた?ようなので内容は割愛。

そして、ここからDJ柴田にご紹介されて、マリノス君、マリノスケ、トリコロールマーメイズでWe are F・Marinos♪かと思ったら、時間の都合で取り止めのようです(笑)

とはいえ、滅多に見ることのできない(初めての)2羽お揃いでのFair Play, Fair Supportのお願いが実現!

マリノス君&マリノスケ「よろしくお願いします!」

その後、ウォーミングアップ中に場内を周回するマリノス君、マリノスケ。

マリノス君「どうも!」

マリノスケはGKのキャッチに合わせてジャンプ!

ここで、監督退任、カップ戦2つのタイトルの可能性が消えるなど、苦境のチーム状況を鼓舞するサポーターの応援にマリノス君も手拍子を合わせます。

いよいよ選手紹介&マリノス君の旗振り!

マリノス君「ありがとう!」

続いて選手入場。

ここで、カメラ越しにマリノスケが行進中のかわいいアングルがこない!と思ったら、行進の向きを変えてマリノス君とともにメインスタンド側中央に移動。東京五輪代表に選ばれた前田大然と林(鳥栖)への花束贈呈のプレゼンターがマリノス君、マリノスケでした。

マリノス君「おめでとう!」
マリノスケ「頑張ってね!!」

もちろん、鳥栖の林がマリノスケとこんな絡みをするとは思ってもいないし、カメラ越しで気づいてからシャッターボタンを押しても手遅れ。とりあえず連写です!(笑)

マリノスケ「頑張れー!!」

ここでも最近恒例となったマリノスケの円陣へのリモート参加(笑)

そしてマリノス君はいつもの指定席で試合を見守ります。

前半は何度も決定機を作るも、相手GKの好セーブやポストに嫌われるなど決めきれず0-0

そしてマリノスケハーフタイムショー。
ここでも4月24日のようにいきなりマーメイズのお姉さんと同じ振り付けで踊りだしたり、何かあってからでは手遅れなのでとりあえず動画撮影。何もなかったので未公開ではもったいないのでとりあえずアップします(笑)

後半開始。

後半18分にマルコスのゴールで待望の先制点!

さらに後半42分に和田の狙いすました(笑)ゴールで2-0!

マリノス君「よっしゃ!!」

そして2-0で試合終了。
カップ戦でのショッキングな敗退が続きましたが、リーグ戦に限れば好調を維持して2位浮上!

マリノス君「お疲れ!」
マリノスケ「イェーイ!!」
マリノスケ「やったね!!」
マリノス君「お疲れー!!」

選手、マリノス君、マリノスケが場内一周、MOM表彰が終わるのを待って昨年途中まで在籍していた朴と仙頭が場内一周。場内一周中は電光掲示板付近で待機していたマリノスケとハグ!

最後はルヴァンカップ・プレーオフステージは敗退のため試合後の場内一周がなかったマリノス君、マリノスケにご挨拶。

マリノス君「お疲れ!」

お出迎え同様、マリノス君はLED看板とバックスタンドの隙間、マリノスケはLED看板のピッチ側を移動してきました。

マリノスケ「イェーイ!」
マリノスケ「お疲れさま!」

ちょうど看板の切れ目というより、あえて看板の切れ目で待っていたのに近づいてこないので手招きすると…(笑)

マリノスケ「そっち?」
マリノスケ「看板が邪魔で行けないよー!」

と言いつつ、1歩前に歩み寄ってきてくれました(笑)

マリノスケ「イェーイ!」
マリノスケ「またねー!」

次回ホームゲームでマリノス君は480試合!(マリノスケは342試合)
7月10日の福岡戦も上限5,000人適用でチームもサポーターも苦しい状況が続きますが、どこかで思い切らないといけない段階にきているとも思うので、何がきっかけになるか分かりませんが状況が変わることを待つしかありません。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です